綺麗な嘘に溺れて

ジャニーズとハロプロと宝塚。この3つについてゆるーく綴ったブログ。

私がジャニヲタになったとき

お題「ジャニヲタになったきっかけ」

 

あややさんが素敵なお題を作られていたので、書いてみようと思います。

 

私がジャニーズをジャニーズとして初めて認識したのはKAT-TUNです。

きっかけはファンが一気に増えたとされる2005年放送の『ごくせん2』です。赤西仁くんにイチコロでした。圧倒的なかっこよさ!

物凄い勢いで転がり落ちてMyojoを毎月買うようになり、昔のKAT-TUNのDVDを買い集めました。

 

それから間もない2006年、デビューしたKAT-TUNを茶の間で応援し続けていたとき、新たな運命の出会いがありました。

もともと探偵モノが好きで見ようと思った『探偵学園Q』(SP)に山田涼介くんが出ていたのです。

なんなんだこの子は…綺麗!!と一目惚れした私は過去のMyojoを漁ってJr.のページに載っていた山田涼介くんの天使のような笑顔を見てしまったわけです。

 

そこからはもうジャニヲタまっしぐらですよね。山Pから入ったNEWSでは歌声に惚れて手越くんも好きになり、ジャニーズが好きだとは思っていなかった妹が嵐のことが好きだと知って語っているうちに櫻井くんが好きになり…

ここまで来るともう収集がつきません。

 

そして2011年に念願叶ってHey! Say! JUMPのFC会員になりました。同時に妹は嵐のFC会員になりました。

 

現在では

私→Hey! Say! JUMP(山田担)、嵐(櫻井担)

妹→嵐(二宮担)、Hey! Say! JUMP(知念担)

となって一緒にコンサートなどに行っています。

 

私がハマるのは大抵ドラマなどで「この作品でファンが一気に増えた」と言われるような、知名度が上がったときです。

そこから熱量が一気に高くなってそのまま追いかけ続けてしまうので、ジャニヲタをやめるのは不可能だろうな〜と日々感じながら今日もジャニヲタを全力で楽しんでいるわけです。