綺麗な嘘に溺れて

ジャニーズとハロプロと宝塚。この3つについてゆるーく綴ったブログ。

シンデレラガール

遅ればせながら金澤朋子ちゃんのことについて少し。

 

金澤朋子に関してのお知らせ”

この文字を見て本当に心臓が飛び跳ねるような感覚。

最近の卒業ラッシュもあって「かなともも卒業なの…?」という不安が渦巻いた。

 

恐る恐る開いたそのページには“子宮内膜症”と書かれていた。

卒業ではなかったことに少し安心しながらも、体調を見ながらの活動になることや薬の副作用があることなどが書かれたその文章を読むのは苦しかった。

 

私がかなとものことを知ったのはJuice=Juiceがデビューして少し経った頃だった。

私はかなともの歌声に惚れた。

それからかなとものことを調べていくと、彼女はカラオケのコンテストで優勝して研修生に入り、間もなくデビューするというまさにシンデレラガールと呼べるような経歴の持ち主だった。

同い年の、少し前まで普通の女の子だったかなともが、ステージの上でキラキラと輝いているという事実が私を更に惹きつけた。

 

そんなかなともが今、子宮内膜症を患っている。でも、それでもアイドルで居続けてくれる。本人はもちろん、かなともをサポートしてくれるメンバーやスタッフの皆さんにも感謝を伝えたい。

 

これからも応援できる環境を作ってくれてありがとう。

どうか早く治りますように。

シンデレラガールのこれからの活躍も楽しみにしています。